ジェイラボ特待生制度について

ジェイラボは 本気に本気で 応えます

ジェイラボでは無料公開の講義も多いですが、数学の核となる授業シリーズ、コアレクチャーは有料です。1レッスン300円ですので、破格に設定しておりますが、それでも負担に感じる方もおられるかもしれません。本気で頑張っている学生を応援するため、ジェイラボでは、一定の基準でコアレクチャーの学費を様々な割合で免除する特待生制度を設けております。基準を満たしておられる方は、『ジェイ公国』内にて特待生の申請をしてください。『ジェイ公国』は月額300円で利用可能となるコミュニティ掲示板です。特待生の申請は『ジェイ公国』内以外では受け付けませんので、ご了承ください。

コアレクチャー受講生の声

最上位層の次世代スタンダード

“物事を理解するには「部分→全体→部分→・・・」という往復運動が不可欠です。高校3年の秋、僕は一番目の「部分」はほぼ完璧に理解していました。教科書レベルや定期試験レベルの問題なら余裕で解き切ることができましたし、数学は得意教科でした。しかし、難問のみを集めた問題集や東大レベルの模試には、解説を読めばわかるものの自力では解き方を思いつけない問題がたくさんあり、難問たちを前に焦りが募る日々でした。そんな状態を打開してくれたのが西村所長の「コアレクチャー」でした。 コアレクチャーとは、先述の私のように「高校数学の各部分(単元)はほぼ既習の人」向けに作られた、高校数学に必要な知識(思考の拠り所となる武器)を過不足なく網羅した教材です。西村所長独自の分類のもと、各単元に関して詳細かつ明快な講義が行われており、内容としての精巧さという面でも非常に推奨できるのですが、僕がこの教材の独自性として強調したいのはその「形式」そのものです。 便宜上各単元ごとに区切られてはいるものの、コアレクチャーは元々全てを視聴した上で「高校数学全体を俯瞰する目を養う」ことを目的として作られた教材です。学生が「部分→全体」へ飛翔するための補助教材という形式こそが、このコアレクチャーの最大の魅力だと僕は断言します。いったん「全体」を手に入れてしまうと、そこからの問題演習は全て「全体→部分」の運動に寄与することとなり、一つ一つの演習から今までよりも多くの理解を得ることができるようになります。限られた時間の中での効率アップという意味でも、コアレクチャーの基本理念は受験生の学習にとって有益と言えます。 僕はコアレクチャーを通じて「全体を俯瞰できる鳥の目」を手に入れたため、難問に対して頭が真っ白になり手が止まることは完全になくなり、またそれに伴って、試験本番で手が進まずに焦るといったことも減りました。コアレクチャーにて培った「鳥の目」は、精神の安定剤にもなりうるのです。 コアレクチャーのおかげで、僕は現役で東京大学理科一類にかなりの余裕を持って合格することができました。「英語が仮に0点でも合格するくらい数学で点を稼ぐ」という当初の目標を達成できたのも西村所長のコアレクチャーのおかげだと感じています。ありがとう東大! ありがとうコアレクチャー!!”

Hiroto

“私は元々数学がある程度得意だったのですが,よりレベルアップするのには何か足りないと思っていました。そこで偶然出会ったコアレクチャーを受験期の夏休みで利用してみると,今までの知識の定着,重箱の隅を突くような新たな解法の取得などが出来ました。そのお陰で夏休み明けから模試や過去問で高得点を安定して出すことが出来るようになり,より発展的な勉強の下地作りにもなりました。そして東工大に現役合格が出来たのですが,コアレクチャーが無ければ為せなかったと思います。 網羅系の参考書よりもより深く,簡潔に纏められているため,とてもコスパが良い教材だと思います。”

yuuma

特待生の種類と基準

コアスカラシップ70+(フル)

申請が認められた日付で、M1およびM1-ELITEの全てが無料(100%免除)で登録され、そのまま一年間受講可能となります。コアスカラシップ70+の認定の基準は、高校生の方は

(1)鉄緑会生であること

(2)直近一年以内の河合塾全統記述模試数学偏差値70以上の成績

(3)直近一年以内の駿台全国模試(記述)数学偏差値70以上の成績

(4)直近一年以内の母集団が(2)(3)と同レベル以上と認められる記述模試数学偏差値70以上の成績

のいずれかを満たすことです。(4)に関してはその都度ご相談ください。高校生以外(浪人生含む)の方は、(1)を除いた(2)(3)(4)いずれかを満たすことです。それぞれ、条件を証明する書式(生徒証や学生証、成績表など)の提示が必要となります。詳細は『ジェイ公国』内にてご相談ください。

コアスカラシップ65+(ハーフ)

M1およびM1-ELITEの全てが一年間半額(50%免除)で受講できるスカラシップクーポンが与えられます。スカラシップクーポンを使うかどうかは自由ですが、発行後二週間以内に使わないと有効期限切れになります。同一人物に対して同年度にスカラシップクーポンは一度しか発行されません。有効期限を切らしても再発行できませんのでご注意ください。コアスカラシップ65+の認定の基準は、

(5)直近一年以内の河合塾全統記述模試数学偏差値65以上の成績

(6)直近一年以内の駿台全国模試(記述)数学偏差値65以上の成績

(7) 直近一年以内の母集団が(5)(6)と同レベル以上と認められる記述模試数学偏差値65以上の成績

のいずれかを満たすことです。(7)に関してはその都度ご相談ください。それぞれ、条件を証明する書式(生徒証や学生証、成績表など)の提示が必要となります。詳細は『ジェイ公国』内にてご相談ください。

コアスカラシップRe(リターンズ)※2022年以降

M1およびM1-ELITEを受講登録し、現在の受講期間終了後に改めて受講期間を追加する場合、申請すれば25%(75%免除)の学費で受講できるスカラシップクーポンが与えられます。スカラシップクーポンを使うかどうかは自由ですが、発行後二週間以内に使わないと有効期限切れになります。同一人物に対して同年度にスカラシップクーポンは一度しか発行されません。有効期限を切らしても再発行できませんのご注意ください。コアスカラシップReに認定の学力基準はありません。過去に受講歴があり2回目以上の受講登録であることだけが条件です。詳細は『ジェイ公国』内にてご相談ください。

移行措置スカラシップ ※2021年4月限定

コアレクチャーの有料移行時点でまさに受講途中だった方について、自身で書き込んで埋めたM1の講義プリントを10枚分提出できる準備のある方は、コアレクチャーの分割全3パートのうち中途半端になってしまった講を含む1パートのみ無料(100%免除)で一年分受講登録をいたします。

移行措置スカラシップに認定の学力基準はありません。自身で書き込んで埋めたM1の講義プリントおよび身分証の提出だけが条件です。詳細は『ジェイ公国』内にてご相談ください。